腕時計って必要⁈

腕時計のことや日常感じたことなどを適当に書いていきます〜

カンパノラとの出会いvol,1

f:id:ninninninja1979:20180201170756j:plain

今日は自分の好きなブランド、シチズン、カンパノラについて話してみたいと思います。

そもそもカンパノラから検索して頂いてこのブログをみて頂いている方はカンパノラの存在をご存知でしょうが、一般的にはほとんど知られていないのが実情だと思います。

http://campanola.jp/

こちらのオフィシャルHPを見て頂ければ現行カンパノラをご覧になることが出来ます。

ただ一般的にこのブランドを見たり聞いたりすることはほとんどなく知る人ぞ知るブランドだと思います。シチズンて名前は知っていてもカンパノラを知っている人は稀です。セイコーにもガランテというブランドが存在しますがそれよりもマイナーかと思います。

ではなぜあまり認知されていないカンパノラの存在に気づいたのかと言うと、、、

 

 

うーん、何だっけ❓笑

 

 

でも漠然と「国産の高級時計が欲しいな」と2013年頃から思い始めて、いろいろ調べていくうちにこのブランドの存在に気づいた思い出があります。何で国産高級時計にしたのかと言いますと、それを話すにはまず自分の時計所有歴から話す必要がありますね、、、 

 

2013年時点で自分の所有している時計の有名どころとしてHAMILTON 初代ジャズマスター、ロレックス 16610サブマリーナ、あとは祖父から譲り受けたグランドセイコーがありました。自分の性格上、特に興味がないものに対しては無難に走る傾向が顕著にあります。時計に対しても最初はよくわからない為ほんとに無難な選択をしています笑

高校生の頃はG-SHOCK、データバンク、スウォッチなどをしてましたし、20代中頃で少し興味を持ち始めてハミルトン、そして30歳で一般人が思い浮かべるTHE高級時計、ロレックス!!そしてそのまたど定番のサブマリーナを購入しております。まさに我ながら王道な選択をしてきたな、と笑

その後いろいろな時計の知識を得て、さて「時計が欲しい‼︎」となった時にそれは私に財産がたくさんある人間ならもちろんパテックやオーディマ・ピゲに行きます。

でも現実はそんなに甘くないと笑

予算は30万くらいで、となった時に舶来でクオーツという選択肢は自分の中ではないので機械式で30万で舶来メーカーでとなると正直厳しくなります。

そこで先程の「国産高級時計が欲しい!!」に行き着くわけです。

長くなりましたので続きはカンパノラとの出会いvol,2に書かせて頂きます。

拙い文章を最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。