腕時計って必要⁈

腕時計のことや日常感じたことなどを適当に書いていきます〜

カンパノラ204 トノー型 CTU57-0684購入‼️

f:id:ninninninja1979:20181128000016j:plain 

 

またまた懲りずに時計を購入致しました💦

しかもまたカンパノラになります。一度カンパノラ熱が冷めかけて、やれクレドール、シリーズ8などに浮気していたのですが、欲しかったカンパノラが出品されていたので勢いあまって購入してしまいました笑

欲しかったといっても、

 

「これだ‼️」

 

というわけではなく、カンパノラでトノー型のモデルを探していたという感じですかね。綺麗なブラウン色のエレガンテブルーノのトノーモデルも気になっていたのですがなかなか出てこないのと今回程度の良いCTU57-0684が出ていたのでついつい食指が伸びてしまいました。

2002年の限定300本のモデル。このモデル綺麗なブルーの文字盤でおそらく中央の円の中の部分が漆なんだろうな〜、と思っていたのですが、情報が少なく断定は出来ない状態でしたが出品者様の商品紹介の欄に漆と書いてあったので漆文字盤ということがわかり購入に踏み切りました。 

おそらくトノー型で漆を使用しているモデルはこのCTU57-0684だけになると思います。2002年にカンパノラのグラコンモデルが発売になりそれから漆が使用されるようになったので、そのタイミングで、前からあるトノー型に漆を足して限定という形で発売したのではないでしょうか⁈いかんせん情報が少なく飽くまで推測の域を出ないのですが、、、

当時を詳しく知る方がいらっしゃいましたら教えていただければ幸いに存じます。

ムーブメントはアバロンの時代からあるcal,6702パーペチュアルカレンダーですね。

このブログでは紹介していなかったのですがこのムーブを使ったアバロン・スーパーカレンダーを以前所有していました。しかしケースサイズが小さいのもあってすぐ手放してしまいました。更に複雑機構のムーブメントなので壊れるのが早いという弱点を持ってます(私の主観ですが、、)

f:id:ninninninja1979:20181128000218j:plain

アバロン スーパーカレンダー

(形は違いますが針の配置が一緒で同じムーブメントを使用しているのがわかりますよね。)

 

なので2002年のモデルで仮に現状は正常に動いていたとしても発売から16年経っているわけで早々にオーバーホールになってしまうだろうなと。

 

そこで、前述の「程度の良い」という話に戻るのですが、今回購入に至ったカンパノラは2014年にメーカーオーバーホールを実施済み。更に2017年にメーカーでの研磨+バッテリー交換済みという状態の良さです✨

オーバーホールが確か35000円+税、ケース再研磨は出品者と話された時に30000円前後と仰っていました。もともとデュラテクトがかかっているモデルなのでそう簡単に研磨できるものではなくデュラテクトを溶かして、研磨してまたデュラテクトを施すという非常に手間がかかる作業なんです。

ですので16年前の時計ですがケースは非常に綺麗です✨

なかなかこんな状態の良いCTU57-0684はないなと‼️

 

そして私が想定した金額より安く購入出来ました。私としては正直

「これがこの値段で買えてしまっていいの⁈」レベルです‼️

 

改めて、人と感性が違う、というのは良いものだな、と笑

人気があれば必然的に値段が上がる、しかし人気がなければいくら状態が良くても値段は上がらない。私が思うには大抵の方がこの時計の素晴らしさに気付いてないだけだな。

と、一人自己満に浸っています笑

 

ただひとつ言えることは腕の細い方にはオススメ出来ないですね笑

カンパノラ自体腕の細い方には優しくないのですがこのトノーモデルは手首周り18cmある私でも少し持て余してしまうぐらいです❗️

f:id:ninninninja1979:20181128000427j:plain

 

f:id:ninninninja1979:20181128000459j:plain

 

最後に出品者様、素晴らしい時計をお譲り頂きありがとうございました✨

時計談義に花咲いて楽しかったです。実際にカンパノラを持っている方と話すのも初めてだったので良い経験になりました❗️

 

グラコンの紺瑠璃と、このCTU57-0864、どちらが先に発売されたのだろう⁈こちらの方が早ければ実はこれが初代紺瑠璃なのでは✨

 

それではまた〜