腕時計って必要⁈

腕時計のことや日常感じたことなどを適当に書いていきます〜

カンパノラとの出会いvol,4(最後) 祝購入 レビュー

f:id:ninninninja1979:20180118130451j:plain

カンパノラCTR57-0991

購入したのは2013年11月でした。

ちなみにカンパノラ、ザ・シチズン、シリーズエイトを購入するとシチズンオーナーズクラブに入会出来ます。

http://citizen.jp/news/2014/20140723.html

こちらにオーナーズクラブの概要が書いてあります。


オーナーズクラブ✨

うーん、高級な時計を買ったんだなぁ、と実感が湧いたのを覚えています。


ところで購入の際CTR57-0991とCTR57-1001の2つで悩んでいて最終的にCTR57-0991にした理由ですが、、カタログで見てた分ではCTR57-1001深緋に惹かれていたんですが実際に時計を見たときに、CTR57-0991の立体的に彫られたギョーシェ文字盤が光の加減で非常に美しかったからです。特に黄色ライトに照らされるとなんとも言えない輝きを放ってくれます。デュアル球面サファイアガラスと立体的なギョーシェ文字盤が織りなすハーモニー✨それにやられてしまいました。

f:id:ninninninja1979:20180118193337j:plain

写真だとあまり良さが伝わらない💦

f:id:ninninninja1979:20180118193421j:plain

デュアル球面サファイアガラス


それと最終的にCTR57-0991に決めた理由としてメタルバンドモデルということです。

上の写真ではメタルバンドから革バンドに変えてしまってますが、元がメタルバンドのモデルならいつでも純正のメタルバンドに戻す事が出来ます。でも元が革バンドのモデルはメタルバンドにすることが出来ません。正確に言えば出来ないことはないですが汎用のメタルバンドをつけることになると一体感が著しく損なわれるのでつけない方がマシなレベルになります。CTR57-1001にメタルバンドモデルがあれば非常に悩んでいたと思います(CTR57-0991のメタルバンドをCTR57-1001につけられないかなとも思いましたがおそらくバネ棒の穴の位置が違うような気がするので取付不可かなと。仮に取付出来たとしておそらくメタルバンドだけでも5万前後はすると思うのでそれを更に払う資金もない💦)

ですのでCTR57-0991を選ぶのは必然だったのかもしれません。革バンドにして雰囲気を変えることも出来る、いざとなればメタルバンドに戻す事も出来る。貧乏人の発想ですいません笑。でも折角高い時計を買うならいろんな雰囲気を味わいたいな、と。

f:id:ninninninja1979:20180118200531j:plain

バンドを付け替えるだけで雰囲気変わります。


文字盤もシルバーなのでどんな色の革バンドに変えてもおかしくならないのもいいですね✨

購入から4年経ってもいろいろバンドを付け替えたりして未だにお気に入りの1本です。


この時計を買って後悔してるか?


後悔は微塵もありません。むしろ大満足の1本です。

(ただミニッツリピーターはほとんど鳴らさなくなります笑)

これでしばらく時計は卒業かなと思ってたのですがそれから1年が過ぎたくらいに、、、。


続きに興味がある方は

http://blog.hatena.ne.jp/ninninninja1979/ninninninja1979.hatenablog.com/edit?entry=17391345971634509302


http://ninninninja1979.hatenablog.com/entry/2018/07/02/213755

こちらも見ていただければと思います✨